七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 -  NEBRASKA  - 於 新宿武蔵野館 3

映画のジャンルではロードムービーが好きだ。
自分でも車で長距離旅行をしてみたいものだ。

作中、旅の車がスバル・ランカスターだった。
何やら親しみを感じたりして。

所謂“釣り広告”、高額当選の案内を信じ込んだ老人。
行けば100万ドルが貰えるのだと言って聞かない。
見かねた息子が共にモンタナからネブラスカまで旅をする。
途中、立ち寄った父親の故郷で揉め事が起こる。
ありもしない金に群がる周囲の人々。

老人の行動が切ない。
家族に残すものがないから、その当選金にすがる思いが強い。

老いた父と中年の息子。
疎遠だった関係が旅の中で変化して行くのは常套の展開。


NEBRASKA
(C)2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


刺激の少ないストーリーとモノクロの映像がマッチしている。

アメリカの道は広く真っ直ぐで、日本人の目には新鮮に写る。
単調であることの美しさ。
あの国土の九分九厘はそう云うもので出来ている。
人々はそれを見て育ち老いて行く。
風土と云うものが人間をかたちづくる一部であることをふと思った。


  1. 2014/03/09(日) 23:59:42|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0
<<猫侍 於 シネマート六本木 スクリーン4 | ホーム | 『 第28回新宿亭砥寄席 』 喜多八・白酒 二人会 於 新宿文化センター 小ホール / 平成二六年三月七日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archive

counter

search form