七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 春のコタツ 』 小辰独演会 於 食堂ピッコロ / 平成二六年四月二九日

高砂や / 小辰
団子坂奇談 / 小辰

仲入り

長屋の花見 / 小辰


当日、開演二時間前になってこの会のことを思い出した。
連休の谷間とあって入りが芳しくないような事を聞いていた。
間際でもあるし、電話の応対も煩わしかろうと連絡も入れずに会場へ。

世話人であるピッコロのマスターは店先でお客さんと話していた。
こちらを見ておや、と云った顔。自分は予約しませんでしたがとニコニコ。
ところが、いやいや満席なんですよと思いもよらぬ返答、これはしまった。
思い起こせば最後の来店時に、大分埋まつつあると聞いた記憶が・・・。
仕方ない、ならば有楽町辺りでなにか映画でもと諦めかけた。
が、補助席で良ければと嬉しいお申し出。
但し通路部分なので仲入りなどでは避けて貰わねばと条件付き。
勿論、その位のことは何でもない。お願いしますと木戸銭を払った。

前日や当日にも電話やメールが入り何人か断ったとのこと。
何も連絡をせず押しかけた自分が潜り込んだ訳で。
きちんと連絡をして入れなかった人たちには随分申し訳ない気分だ。
用意して頂いた席に座ってみれば最後尾だがなかなか高座は見易い。
補助席であれ、聴いている時に快適であれば申し分ない。

「団子坂奇談」は初めて聴く。師匠・扇辰の口うつしとのこと。
気味の悪い話と腑に落ちないサゲの組み合わせが何とも言えない。
確かにこれを扇辰で聴いたらさぞかし背筋が寒くなりそうだ。
次回の小辰の会は六月下旬。
そちらは昼間演って、夜は扇辰がこの噺を根多出ししているとのこと。
調べると三田落語会。あの会は会場が気に入らず行かなくなって久しい。
扇辰の「団子坂奇談」には惹かれるが、別の機会を待とうか。

三席目は別の噺を考えていたがと前置きして「長屋の花見」。
時節柄、控えた方が良いかと思いやめたとの噺は何であったか。
今にして思えば「佃祭」あたりだったのではなかろうか。

はねてから取り敢えず次回の小辰は申し込んで会場を出た。
小諸そば江戸橋店へ寄ろうとしたが旗日で休みであった。
仕方なくユニクロに寄る口実を作って高田馬場の吉そばへ。
かけ蕎麦を啜ったが、口はやはり小諸であった。
無精せずに馬場にもある小諸まで歩けば良かったと思いつつ店を出た。
そんな事を考えていたらユニクロをすっかり忘れて地下鉄に乗っていた。
260円のかけ蕎麦に途中下車で交通費が嵩んだだけであった。やれやれ。
 
 
  1. 2014/04/30(水) 23:59:56|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<そして父になる 於 目黒シネマ | ホーム | 別荘開き - 2014.04.26~28 ->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。