七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

『 人形町噺し問屋 その48 』 兼好独演会 於 日本橋社会教育会館 / 平成二六年五月二〇日

無学者 / わん丈
悋気の独楽 / 兼好

仲入り

マジック / マギー隆司 
小言幸兵衛 / 兼好


恥ずかしながら朝食はコンビニジャンクが多い。
朝一で準備をして車で4~50分の市役所まで走る。
途中でコンビニに寄って朝食を済ませる積りだった。
ところが道中、駐車場付のコンビニが一軒も無いまま到着してしまった。
打ち合わせは自販機のオレンジジュースのみで朝食抜き。
十一時前に用が済んでからサンドイッチを頬張る。
朝とも昼ともつかぬ食事で一日のリズムが狂ってしまった。

兼好はまだ小保方さんの事を話題にしていた。
当日朝に報道された片山某の事でも話すかと思っていたのだが。
それにしても世の中、得体の知れない事が多い。漫画の騒動だとか・・・。
何か国の陰謀から目を反らす為に力が働いているのではと勘繰ってしまう。

話が変な方向に行ってしまった。
話を戻して、幕開きにある兼好のご挨拶が相変わらず面白過ぎる。
会場の空気が暖まるどころか沸騰してしまう。
後から出て来る前座はさぞかしやり辛いだろう。
しかし客は暖機が済んでいるから結構前座噺にも受ける。
この会の芝居づくりはいい感じだ。

「小言幸兵衛」は先日の三三と同じく仕立て屋の宗旨のあたりでサゲた。
鉄砲鍛冶が出て来るところまで聴いたことが嘗てあったかどうか定かでない。
独演会の機会には、やはり通しで聴いてみたいものだ。

はねてから湯島へ。
九時半頃から飲み始めて小一時間で真っ赤になってしまった。
やはり食事のリズムが良くなかったか。
「悋気の独楽」で定吉が饅頭を頬張るあたりから空腹で仕方なかった。
開演前に何か軽く腹に入れておけば良かった。
その割に肴を幾らも摘ままずに腹は膨れてしまった。
どうにも変な酔い方をして店を出たが、帰宅時分には何故か醒めていた。
特に体調不良でもなかったのだが・・・枕酒は自重して就寝。

明けて水曜。先日の飲み会で知人が落語を聴きたいとの事で兼好へ誘っていた。
次回の席を確保しようと兼好へ電話したところ既に満席で三人待ちだとのこと。
取り敢えず続き席でキャンセル待ちに加えて貰い連絡を待つ事に。
いつも同じ席を取り置いて貰っているのでそんな事になっているとはつゆ知らず。
内容と木戸銭を鑑みると大変お得感の強い会だし、人気の程は納得ではあるが。
いずれ噺し問屋もプラチナチケットになってしまうのか・・・?
 
 
  1. 2014/05/21(水) 13:04:08|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<『 圓太郎商店 独演その二〇 』 圓太郎独演会 於 池袋演芸場 / 平成二六年五月二三日 | ホーム | 山菜採りツアー - 2014.05.17~18 ->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (55)
演芸など (300)
フォト・キネマ・アートとか (148)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form