七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 梅雨のコタツ 』 小辰独演会 於 食堂ピッコロ / 平成二六年六月二八日

夢の酒 / 小辰
不動坊 / 小辰

仲入り

寝床 / 小辰


小諸そばで小諸そば(山掛けそば)のつもりがあまり空腹でもなく。
無理して腹に入れることもないのでピッコロへ直行。
皆さん開場待ちをして入っているのか、既に殆どの席が埋まっていた。
考えずに選んだ席、後になって前の男性がもろかぶりで高座が見辛い。
次回からはよく周りを見てから着席せねば。

前回のように二日酔いと云うこともなく小辰登場。
まくらで銀座のクラブへ連れて行って貰った話。なかなか面白かった。
ああ云うところは若い男には楽しくも辛いところだ。
たいていもやもやして帰ることになる。・・・身に覚えがある。

「夢の酒」が根多おろしだったようだ。
事前にピッコロのTwitterに出ていたらしい。
ピッコロのアカウントがあるとは知らなかった。帰宅後、早速フォロー。
で、「夢の酒」の出来はなかなか良かった。
後になって師匠扇辰に習ったことを知る。
確かにお花の仕草口ぶりなどは扇辰譲りであったと納得。

「不動坊」は焼餅焼きの長屋三人のひとりが噺家の設定。
鍛冶屋が出て来ない。台詞がひと言だけなので減らしてみたと。
しかしあの噺家はやはり部外者の方が面白いのではないか。
事情が良く分からないところへ引っ張り込まれて訳も分からず吊るされる。
屋根と台所、上から下からあれこれ言われてオロオロするあたり。
そこは部外者でないと可笑し味も出辛い。
当事者が恨み言葉を忘れてあたふたするようではただ物覚えが悪いだけだ。
打ち上げではこの脚色の感想を聞きたいと言っていたがどんな反応だったろう。
参加しなかったので今度ピッコロへ飲みに行ったらその事を訊いてみよう。

「寝床」はあまり好きな噺ではないのだが小辰の高座は聴き易かった。
しつこいところが無かったからだろう。
喜多八もサラッと演る方で、師の「寝床」は嫌いではない。
はたして小辰は誰に習ったのか。これもピッコロの女将さんに訊いてみよう。

こんなに訊きたいことがあるなら打ち上げに出れば良かったか。
今回は戻って仕事が待っていたこともあり参加しなかったのだが。

次回のコタツは八月、夏である。
ワンドリンクのビールがさぞかし美味かろう。


  1. 2014/06/29(日) 23:59:17|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<『 雲助蔵出し ぞろぞろ 』 雲助独演会 於 浅草見番 / 平成二六年七月五日 | ホーム | BP5-A 維持費 - running cost 2013~2014 ->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。