七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラストミッション - 3 Days to Kill - 於 ユナイテッドシネマとしまえん 7スクリーン

前日観たトム・クルーズの映画(未だに題名を正確に書けない)。
何となく消化不良でもう一本何か観たい気分であった。

ユナイテッドシネマとしまえんが開館10周年で千円ポッキリをやっていた。
ユナイテッドシネマは色々と工夫すれば千円で観られる財布に優しい映画館だ。

掛かっている映画をチェックしてこれに決めた。
気になる邦画は重い感じのものばかりだったので週末の締め括りには遠慮した。

多分「ボディガード」がパパになった話だろうと。
そして「96時間」がどのくらい混じっているか。
ほぼ予想したとおり、ケヴィン・コスナーはリーアム・ニーソン程怖くない。
その分、コミカルでアットホームな演出が散りばめられる。
愛娘をお姫様抱っこするシーンでは大声で笑うお客もいたりして。
大した内容はなかったが週末を締め括るには程良く軽く派手な作品であった。


260714
(C) 2013 3DTK INC.


何より良かったのがアンバー・ハード演じる若きエージェント・ヴィヴィ。
冒頭シーンではラングレーの省内に居たので化粧っ気のない地味に可愛い娘。
それがパリに現れるやエロカワケバい格好に変装(?)し、まるで別人。
ケヴィン扮するイーサンに対してドSな態度で命令を下し、冷徹に任務を遂行する。
その弾けっぷりは主役を食う存在感で、オジサンはもうメロメロになってしまった。
出来れば彼女が主役のスピンオフが観たいくらいのキャラクターなのであった。

内容に戻ると父娘の関係修復がひとつ大きなテーマ。
思春期の娘は真に以て気難しい。お父さんは大変だ。
不在勝ちだった父との時間をどう埋めたら良いのか娘も戸惑っている。

(以下、チョイネタバレ)

五年振りの再会の贈り物は紫色の自転車。娘はそれを頑なに拒否する。
普通なら父から習う自転車、不在の父に習えなかった彼女は乗ることが出来ない。
年頃になってモンマルトルの丘の上で父に習う自転車・・・優しい時間が流れる。
ここがなかなか良かった。アクション映画ながら一番印象に残るのはこのシーン。

ケヴィンも来年で還暦。
最近はスタローンを筆頭にそろそろ爺さんの歳の男が元気である。
中年も負けないようにせねば。
 
 
  1. 2014/07/14(月) 23:59:17|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0
<<『 らくご街道 雲助五拾三次 -鰻- 』 雲助独演会 於 日本橋劇場 / 平成二六年七月一四日 | ホーム | オール・ユー・ニード・イズ・キル - Edge of Tomorrow - 於 丸の内ピカデリー シアター1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。