七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

『 夏 』 三三独演会 於 なかのZERO 小ホール / 平成二六年八月二九日

子褒め / 小かじ
転宅 / 三三
千両蜜柑 / 三三

仲入り

五貫裁き / 三三


前夜の池袋から連荘で四ヶ月振りの中野(で落語)。
小腹が空いていたので久々に会場手前の北国でラーメンを食す。
増税で500円だったラーメンが510円になっていた。
帰りは新規開拓で駅前の立ち飲みに寄ろうと企んでいた。
北国には悪いが万札を崩させて貰う。立ち飲みで万札もない。

三三もいつ以来か。前回が中野だとこれまた四ヶ月振りだが。
記録をサボっているので間に寄席で聴いたか判然としない。
一席目は三三でよく聴く「転宅」。
毎度の事だがお菊の肝が据わり過ぎていてちょっと違和感あり。
二席目の「千両蜜柑」も久々に聴く。 三三では初めてか。
噺自体、恐らくこの夏最初で最後であろう。

仲入り後に携帯電話の話になる。前日の圓太郎を思い出す。
三三も池袋で先日鳴ったと。しかもその客が電話に出たと云う話。
会場は笑いに包まれたが、実際は笑えた話ではない。
昔は鳴ると心のシャッターが閉まってそこから身が入らなかった。
けれど最近は自分を気の毒がってもしようがないと。
お客も気の毒だし鳴らした本人も居たたまれなかろうと。
とにかく鳴ったら鳴ったでどう捌くかを考えるようになったと。
ジャズピアニストの上原ひろみさんのエピソードを思い出す。
ライブ中に鳴って会場は凍り付き、空気が悪くなりかけたと。
しかし彼女はアドリブのパートでその着メロを織り交ぜてみせた。
会場の空気は一転して笑いと拍手に包まれたとか。出来る女だ。

携帯トラブルは確率としては低くない。
中野の小ホールは550席。 電源を切り忘れる客が2%でも11人。
口演中にたまたま着信がなく、終わってさぁ電源をと見たらON。
そう云う事もある。そして運悪くかかってきてしまう事もある。
客も気を付けねばならぬが完璧には行かない。自分も前科一犯だ。

兎も角そんなまくらの後の「五貫裁き」で鳴らなくて良かった。
なかなかの一席、久々の三三を堪能した。

はねた頃には気分が変っていた。新規開拓の立ち飲みは止め。
翌日の土曜に行くつもりだった高円寺のマスターの所へ顔を出す。
厚揚げの味噌漬けと山女魚の粕漬けを肴にやる。
秋の秋刀魚BBQのお誘いを受けたがひとまず保留として貰った。
例年なら原村へ行く連休だが今年は泊りで遊ぶ暇はなさそうだ。
その時は日帰りBBQに混ぜて貰おうか。
 
 
  1. 2014/08/30(土) 23:59:14|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<ルーシー -LUCY- 於 新宿ミラノ1 | ホーム | 『 圓太郎商店 独演その二一 』 圓太郎独演会 於 池袋演芸場 / 平成二六年八月二八日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

archive

counter

search form