七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

ルーシー -LUCY- 於 新宿ミラノ1

スカヨハがどんどん路線を強化している。
ブラックウィドー以降そんな印象である。
しかしブラックウィドーの場合はちょっとした意外性があった。
お約束になってマンネリ化が始まると飽きるのも早い。
それを払拭するためにどんどんエスカレートして行く。
それが映画興行の常である。

とは云え本作は思いの外、過激な感じはなかった。
スカヨハがもっと丁々発止と銀幕で暴れまくるのかと。

物語が進むにつれ内容が徐々に形而上学的になって行き。
やがてスカヨハは壮大なテーマの中で世界の一部になってしまった。


260830
(C) 2014 Universal Pictures


どこか「AKIRA」ぽくもあり「攻殻機動隊」ぽくもあり。
何でも自分の範疇にあるものと関連付けるのは良くないが。
内容として、日本のコミックの影響少なからずと云った印象。

主人公ルーシーとスカヨハの役作りは巧くマッチしていたと思う。
ちょっと野暮ったい感じが残る彼女の顔立ちとスタイル。
クールビューティに見えてその実かなりのバイタリティが根幹にある。
褒め言葉になっていないが、そこがはまり役だったのではなかろうか。

さて今後どんな役を演じて行くのか。
それこそマンネリとエスカレートのループに迷い込まなければ良いが。

観客は安定と意外性と新鮮味を代わる代わる求めるものだ。
自分としてはそろそろスカヨハのこの路線はお腹いっぱいだ。
先日ケヴィン・コスナーと共演したアンバー・ハード。
彼女あたりがスピード感溢れるアクションものに颯爽と現れて欲しい。
エージェント・ヴィヴィが誰かの目に留まり抜擢されても不思議はない。
その日が来るのを楽しみに待ちたいところである。
 
 
  1. 2014/08/31(日) 23:59:00|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0
<<ケープタウン -Zulu- 於 新宿バルト9 シアター2 | ホーム | 『 夏 』 三三独演会 於 なかのZERO 小ホール / 平成二六年八月二九日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form