七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 第41回 白酒ひとり 』 白酒独演会 於 国立演芸場 / 平成二六年九月二九日

初天神 / さん坊
茗荷宿 / 白酒
甲府い / 白酒

仲入り

抜け雀 / 白酒


後から仕事の〆切が入って来て先に確保してあった券が怪しくなる。
時としてある事だが、九月末は二つの〆切と三つの落語が集中した。
この白酒の会はいよいよキャンセルを覚悟した。
ところが当日になって〆切が日延べになったと電話が入った。
次の仕事もあるからそれを真に受けてダラダラも出来ない。
それでもこの日、落語を聴くくらいの余裕は出来た。
二か月半ぶり、これを逃すと次の『白酒ひとり』は二月まで無い。
それを鑑みても足を運べて何よりであった。

さん坊は相変わらず不思議なまくらから強引に繋いで「初天神」。
その強引さが失笑を買い会場の雰囲気が和らぐから得なものである。
体形を気にしてか少しスマートになった。
さん坊はコロンとしていた方が雰囲気があるのに。色気づいたか。

相変わらずコロンとした白酒は初聴きの「茗荷宿」から。
このところ早口が輪をかけている気がする。どの高座も急ぎ足。
雑な感じは受けないが、もう少し緩急があっても良いのではないか。
その点は気になったが全般に良い芝居であった。
あまり内容は詳しく書かぬが、まくらも面白かったし。
暫く間があって後つづけて三つの会。
何となく調子が掴めなかった中で、白酒の毒を浴びて感覚が戻ったようだ。

今回は飲まずに帰るつもりであった。
どこかで遅めの夕食がてらビール一杯で済ませる事に。
久々に札幌ラーメンの味噌味が食べたかったので馬場の えぞ菊を考えた。
途中下車だが大した寄り道ではない。
そのつもりで馬場まで来たが、直前になって億劫になってしまった。
結局、降りずにそのまま地元まで戻る。
近所のあまり美味くないラーメン屋で味噌味のラーメンと生を一杯。
TVで御嶽山のニュースを見ながら手早く啜って店を出た。
帰ってもう一杯だけ飲もうとコンビニで梅チューハイ(梅酒ではない)を買う。
酸っぱくて美味いが度数が低くてあまり酔わないやつ。
それでも少々疲れが溜まっていたのか、いつの間には眠ってしまっていた。
夜中に目が覚めるとTVが点いていた。
風呂にも入っていなかったが、目が冴えると嫌なのでそのまま朝まで二度寝。

十月に入れば少し仕事のペースもコントロール出来そうだ。
前半に落語の予定はないが、気が向いたら寄席にでも行こうか。
たまには鈴本十月上席の小三治にでも並んでみようか・・・いや、面倒くさいや。


  1. 2014/09/30(火) 23:59:48|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<アンナプルナ南壁 7,400mの男たち - PURA VIDA - 於 ヒューマントラストシネマ有楽町 シアター1 | ホーム | 『 人形町噺し問屋 その51 』 兼好独演会 於 日本橋社会教育会館 / 平成二六年九月二六日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。