七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 人形町噺し問屋 その53 』 兼好独演会 於 日本橋社会教育会館 / 平成二六年一一月二一日

十徳 / けん玉
漫才 / とんぼ・まさみ
万病円 / 兼好

仲入り

ちきり伊勢屋 / 兼好


これからの時期、事務所がしんしんと冷える。
兼好に出かける頃には手足の末端がすっかり冷たくなっていた。
温かい物を腹に入れて行かないと気が滅入る。
しかし腹がくちくなると眠気が襲って来るかも知れない。
それでも手足の冷えは解消せねば気が済まない程であった。
で、茅場町の小諸で月見そばを啜った。温かくて大変美味かった。
つゆもたくさん飲んで手足にみるみる熱が回って行った。
人心地がついた。

19時近くなってから会場入り、程なく開演。
まずは恒例、兼好のご挨拶。
そこから後は今までと違い、開口一番の次にゲスト。
仲入りの前後に兼好が続けて高座に上がる芝居だった。
個人的にはこの方が好きである。
兼好をたっぷり聴きたいところに途中色物が入ると醒めてしまう。
これは以前、中野で白酒を聴いていた頃にも味わっていた気分だ。
それが嫌で白酒は国立演芸場に絞って中野には行かなくなった。
そんな経緯もあって今後兼好がこのやり方を続けてくれると有難い。

有難いのだが、今回は案の定、不覚を取った。
開口一番でけん玉が上がったところから徐々に睡魔が襲って来た。
幸いと云ったら失礼な話だが、その後はとんぼ・まさみが上がる。
何とか踏み止まらなくてはと眠気覚ましを試みた。
しかし兼好が上がっても状況は変わらず、いや徐々に後退して行く。
いつもの事で、仲入りになると目が冴える。
しかし二席目になると再び睡魔がやって来るのだった。

「万病円」も「ちきり伊勢屋」も初聴きだったが殆ど頭に入らず。
月見そばを食って船を漕ぎに来たようなものだった。
このところ夜中に目が覚めて睡眠不足、疲れも溜まっていた。
久々に惨敗であった。
でも正直、そんなに面白い噺でもなかったような・・・。

はねてからは鮒忠で鰻の蒲焼を肴に熱燗と思っていた。
しかし何となく気が殺がれてしまった。
行き先を食堂ピッコロに変更してワインとピザに宗旨替え。
眠くて散々だったとママさんに愚痴る。
ワインで気分が上がり落語の話題でマスター&ママさんとお喋り。
妙にテンションが高くなったところで帰宅。
しかし結局、家に着いて程なくバタンキュー。
 
 
  1. 2014/11/22(土) 23:59:31|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<福福荘の福ちゃん 於 ユナイテッドシネマとしまえん | ホーム | her 世界でひとつの彼女 - HER - 於 早稲田松竹>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。