七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

『暮れのコタツ』 小辰独演会 於 食堂ピッコロ / 平成二六年一二月二三日

不動坊 / 小辰

仲入り

御神酒徳利 / 小辰


昼食を外食で済ませて尚、時間があった。
道中、銀座線の三越前駅が目に留まる。
途中下車して日本橋有便堂に立ち寄ることに。
お年玉袋とポチ袋を購入。
もうお年玉をあげるのも甥っ子一人。
干支の袋では使い切らないので宝船の絵柄にする。
ポチ袋は先日の正楽の紙切りで最後の一枚だった。
今回は手拭い柄で馴染みのある青海波を選んだ。

有便堂からピッコロまでは歩いても10分足らず。
開場より早く着いてしまい列に並んだ。少々寒い。
予定より5分程遅れて扉が開いた。
マスターに木戸銭を払う。今回も打ち上げは不参加。
またしても昼食でビールを飲んだ。
ワンドリンクはアイスコーヒーにしておく。

それでも一席目は睡魔が…。
今回は前回のお客による投票で演目を決めたらしい。
結果 「不動坊」 が最多得票とのこと。
さて自分が何に入れたかは忘れてしまった。
「不動坊」でなかったのは確かだ。
自分とは好みが合わなかったと云うことか。
それもあって集中力も高まらず重い瞼と格闘した。

仲入りで天どんの時と同様、外の自販機で珈琲を買う。
これで後半は気分も一新して「御神酒徳利」を楽しんだ。
特に神奈川の宿 以降の運びが面白くサゲまで気分が高まった。

小辰は安定株なので少々スリルに欠けると言ったら贅沢か。
来年は他の噺家との二人会、三人会にも出掛けようか。
独演会も良いが異なる場面での小辰もそろそろ見てみたい。
そんな感想を抱いて今年最後の小辰を聴き終えた。

今回は打ち上げがあるので店先が華やいでいた。
去り際にマスターとママさんに今年一年の世話役の礼を述べた。
小辰には一年の楽しい高座を労いピッコロを後にした。

さて今年の落語もあと僅かである。


  1. 2014/12/23(火) 20:17:33|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<『 らくご街道 雲助五拾三次 -大晦日- 芝浜 』 於 日本橋劇場 / 平成二六年一二月二四日 | ホーム | 年末特別企画興行 ~年の瀬に芝浜を聴く会 特別編~ 『芝浜と芝浜に纏わる噺の会』 初日 昼の部 於 鈴本演芸場 / 平成二六年一二月二一日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

archive

counter

search form