七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

ストックホルムでワルツを -MONICA Z- 於 ヒューマントラストシネマ有楽町 シアター2

スウェーデンのジャズヴォーカリスト、モニカ・ゼタールンドを描いた実話。
(脚色も入っているだろう)

田舎町で電話交換手をしながら歌手としての成功を夢見るシングルマザー。
夢を追いかけ子育ても疎かで、両親、特に父親との折り合いが悪い。
チャンスに恵まれても幾つもの障害で成功は遠い。
ジャズの本場からは遠く、母国語が英語ではなく、白人女性であること。

女性が夢を追って自由に生きる。
それは現代でも相当のエネルギーの要ることの筈。
男の自分には分からない色々なハンディがあると思う。
モニカがスターダムに駆け上る '60年代では尚更のこと。

それでも女性はこうと決めると男より強い。
犠牲を躊躇わず目標に向かって盲目的に突き進んで行く。
それを受け入れて見守る寛容な人々に助けられて。
時には傷つけ、傷つけられ。
彼女の浮き沈みに離合集散する取り巻き。
それでも前へ前へ、ひた向きに、前のめりに。


270130
Carlo Bosco (C) StellaNova Filmproduktion AB, AB Svensk Filmindustri, Film i Vast,
Sveriges Television AB, Eyeworks Fine & Mellow ApS. All rights reserved.


この物語を男女入れ替えて作ったら、ただのダメ男の話だ。
モニカが女性である事でその生き様が光り輝いて見える。
のだが・・・そう云う視点で良いのだろうか。
その賞賛が女性の評価として正しいのかどうか・・・。
それはそれで引っかかるのである。

それでもそんなわだかまりを払拭してしまう魅力が彼女にはある。
どんなに自由奔放であれ、そこに輝きがあれば良いのかも知れない。

そして彼女の生き様と共に描かれる二人の男。
モニカの父親と、ひとりのバンドマン。 それぞれの立場。
愛するひとの為、いつどんな時でも味方になれる男の器。
それを問われているようで、ちょっと考えてしまった。
そこにステータスは要らない。 何よりも理解して寄り添うことだ。
 
 
  1. 2015/01/30(金) 12:30:48|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0
<<スパイ・レジェンド -THE NOVEMBER MAN- 於 角川シネマ新宿 シネマ2 | ホーム | 『 人形町噺し問屋 その55 』 兼好独演会 於 日本橋社会教育会館 / 平成二七年一月二七日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archive

counter

search form