七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

リトル・フォレスト 冬・春 於 新宿ピカデリー シアター4

昨年十月に 夏・秋 篇を観た。
四話オムニバス、それぞれにオープニングがありエンディングがある。
なのでオムニバスと云うよりは短篇四つが正確な表現か。

四季折々の野良の事や食事の事が描かれる。
ドラマ性は薄くて、作業を坦々と映し続ける。
料理の手順を説明するナレーション的独白など。
前回も書いたが音楽は結構スタイリッシュ。

今回の二篇も大事は起きなかった。
逃亡犯は やって来ないし、熊が暴れたりもしない。
都会者からするともの珍しいエピソードやディテールに溢れてはいるが。



270223
(C) 「リトル・フォレスト」製作委員会


春が来て少し物語が動いた。ネタバレは止めておこう。
ただ、あらそうなんだ。と思った。
そう云う展開がいきなりあるんだ。まぁそうだよね。
それが観終わっての感想。
ある意味、真っ当な結末。
いや映画は終わったけれどその中の世界はその後もずっと続くわけで。
そう考えて、想像してみると更に続きも観てみたいなと思った。

穏やかな作品だった。やはり四季を通してもう一度観てみたい。
ドラマ性は薄いが、観ていてとても面白いのだ。
BDになったら一気観しよう。
 
 
  1. 2015/02/23(月) 23:59:04|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0
<<『 第21回 僕のらくご道 』 天どん独演会 於 なかの芸能小劇場 / 平成二七年二月二八日 | ホーム | 娚の一生 於 新宿ピカデリー シアター5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive

counter

search form