七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

群馬・長野遠征 赤い谷と・・・ -GUNMA/NAGANO expedition  16~18. Jul. '11 #1-

連休は群馬と長野へ遠征釣行。 そう、釣行だったのだがそれ以外の思ひ出ばかりになってしまった。

# 初日

参加は4人。 高円寺のマスター、常連のKhさん、友人 Uk と七敵。
初日は全員で行動を共にし、関越道・月夜野IC北西域の水系が目的地。
山間の一軒宿が目の前にある車止めから林道を90分ほど歩いた上流域を目指した。
ところが入ってみるとここが大層なヒルの巣窟で、四人中三人が吸血の被害に遭ってしまったのだった。
自分も人生で初体験、痛みこそ無いものの着衣が赤く染まるのは決して気分の良いものではなかった。

ヒルとの格闘後、やっとの思いで入った川は水が澄んでいて渓相も良かったのだが、どうにも魚影が薄い。
川虫も殆ど見受けられず、水の清冽さがそのまま栄養価の低さを表していたのかも知れない。
そんな言い訳をしての釣果はリリースを含まず4人で4尾と、低調極まりない。
釣りの後には川原で宴会を企んでいたのだが、復路も上下からヒルの襲撃に遭い、這々の体で車で逃げ出す始末。
もう二度と行かないぞと、我々の決意は固かったのだった。

それでもこれも後になれば笑い話さと、現場近くの温泉郷に宿を取ったマスターたちの部屋で軽く打ち上げ、
温泉で汗と血を落として夕方まで休憩を取ったあと、二日目以降別働となる僕と友人は一路、北信へ移動を開始。
初日の塒(ねぐら)は信州栄村の道の駅。 考えてみれば予想出来たことだが、施設は震災の影響で断水中であった。
飲み水は確保してあったので困らなかったし、トイレも機能していなかったが催さずに済んだので不便はなかった。
暫し語らって店舗の広い軒先を借りてインナーテントマットとシュラフで就寝。 涼風と満月、野宿は快適そのものであった。


230716
左上:初日入渓準備      右上:初日本流渓相
左下:Kh氏キャスティング    右下:小さい釣果


# 二日目

早朝、道の駅を後に南下、二・三日目は友人が以前から目をつけていた水系へ向かった。
今回は東京からでは連泊でないと行程のキツいエリアへ足を伸ばそうとの選択だった。
山間の九十九折をひた走り、国道が途絶えた秘境の温泉宿へ到着。そこで日鑑札を求めて入渓ポイントの情報も得た。
情報に由れば宿から奥志賀へ抜ける道へ向かって一本目の枝沢が、本流へ誰でも入れる渓相であるとのこと。
それに従って車を走らせると程なくそれらしき沢に到着、意気揚々と谿へ下りて行ったのだった。
しかしこれが間違いの始まりだった。

結論から言うと、我々の入った枝沢は帰宅後にも再度調べたが、どの地図・どの資料にも記載の見当たらないもので、
実際に入ろうと思っていた沢の1本手前の枝沢だったのだ。
果たして渓相は徐々に険しくなりはじめ、途中、下降がかなり難しい場所を難儀しながら進んだが、
遂には迂回不能な落差のある滝に行く手を阻まれてしまった。
地図と高度計を交互に見ながら位置の特定に努めたが、そもそも見ている地図とは違う沢なのだから無理な話であった。
しかし引き返そうにも途中足掛かりのない急斜面を滑降しているので道具なしでの登攀はとても無理。
引き返せない以上フェルトソールの靴で急勾配の斜面にへばりつき沢を離れるしかなかった。

高密度な木々の隙間を縫っての登攀は斜面が柔らかく滑り易いこともあり、時には1分に1m進めばいい程に難航。
誤って踏み落とした石がブッシュの中へ消え谷間へカーンと乾いた音をたてて遠ざかって行くが、それがいつまでも止まらない。
滑落の恐怖が頭を過ぎる。 水道(みずみち)らしき砂の急斜面もたっぷり時間をかけて渡らなければ進退窮まる状況。
午前中のこと、時間こそ余裕があったものの容易な入脱渓を想定していたので軽装備な上、飲料も1L しか持っていなかった。

(つづく)
 
  1. 2011/07/21(木) 13:34:57|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:4
<<群馬・長野遠征 ・・・偽の鬼 -GUNMA/NAGANO expedition  16~18. Jul. '11 #2- | ホーム | きゅりあん寄席 柳家小三治一門会  於 きゅりあん 大ホール / 平成二三年七月一九日>>

コメント

to パール

はい、楽しくやっているうちは平和そのものですねぇ。
でも今回の二日目はちょっと洒落にならなかったです。

単独の時、複数の時、楽しさはそれぞれですね。
複数だとリスクが分散出来て行動範囲が広がるのが利点ですが、
緊張感・警戒感が薄まるのが難点でしょうか・・・
まぁその辺は自覚次第なんですけどね。
  1. 2011/07/22(金) 10:11:48 |
  2. URL |
  3. 七敵 #TIXpuh1.
  4. [ 編集 ]

楽しそう~

こうして読んでると、男同士の ”遊び”って楽しそう(笑)
  1. 2011/07/21(木) 23:45:39 |
  2. URL |
  3. パール #EnGitwzo
  4. [ 編集 ]

to マスター

まぁこうして記事を書いているってことは生還出来た訳で。苦笑
今回は視野が狭く、全体を見渡す心掛けに欠けておりました。
失敗からは学び、次に生かそうと思います。

明日は二日目の脱出までと三日目をupします。
  1. 2011/07/21(木) 15:56:04 |
  2. URL |
  3. 七敵 #TIXpuh1.
  4. [ 編集 ]

セラビイ

おやまぁ~、几帳面のKさんとしたことが・・・・・

今回お互いハプニングの連ちゃんですね!

次回は片品川上流予定で・・・・・

  1. 2011/07/21(木) 14:09:42 |
  2. URL |
  3. ひとときhan #9rnv7uOs
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。