七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

『 春のコタツ その十三 』 小辰独演会 於 食堂ピッコロ / 平成二七年四月二六日

道具屋 / 小辰

仲入り

いかけ屋 / 小辰
普段の袴 / 小辰


前夜、圓太郎のあとに少し飲み過ぎた。朝起きると空腹を覚えた。
朝食からコンビニのミートソースなんてジャンクなものを頬張る。
お蔭で昼までに腹は空かず、昼食抜きでピッコロへ向かった。
腹は減っていなかったが喉がとても渇いていた。
ワンドリンクは迷わずビール。

圓太郎同様、ピッコロの小辰でも座る場所が定着してきた。
厨房カウンター脇の一番後ろの事が多い。
ほぼ最後列だが小さな箱なので距離は感じない。
客が多ければその後ろに更に三つ四つ席が作られる。
今回そこに予約席が設けられていたが、盲導犬連れのお客さんであった。

一席目の「道具屋」が終わっても喉の渇きが治まらない。
そもそもビールを飲んで癒える渇きは一時的なものだし。
サービスとは別に500円で飲み物は買える。
おかわりを頼むと有料ビールはサービスのものよりグラスが大きかった。
ちょっと得をした気分である。 仲入りの最中にひと息で飲み干した。


270427


小辰と師匠の扇辰が六月に欧州公演へ行く路銀稼ぎに手ぬぐいが作られた。
二種類あって一本1500円。 カンパのつもりで仲入り中に二本とも購入。
小辰は基本的に自分の手ぬぐいを売らない。
噺家にとって手ぬぐいは名刺代わり。名刺を売る人はいないと云う理屈。
二つ目に昇進して出来立ての手ぬぐいを欲しがったらくれた事がある。
後日代金としてではなく、ポチ袋に気持ちを入れて渡すかたちを取った。
そんな彼だから、路銀集めとは云え手ぬぐいを売るのには忸怩たる思いだろう。

二席目の「いかけ屋」がなかなか良かった。
もう少し歳を重ねた方が、子供が板について来るだろうか。
不思議なもので演じる子供は年嵩の噺家の方が可愛らしい感じが出る。
五代目小さんの定吉や小三治のきん坊などが好例だろう。

「普段の袴」を演ってお開き。
木戸口の外で挨拶しながら小辰が件の手ぬぐいを手売りしていた。
希望者にはサインをするサービスつき。
手ぬぐいは仲入りに世話人のママさんから買った。
こう云う場合は本人から買って路銀のカンパをアピールした方が喜ばれたか。
一旦考えて、それもいやらしい感じだなと思う。
まぁ気をつけて行ってらっしゃいと声かけしてその場を後にした。
考えてみれば外遊前に来月下旬の壮行会的親子会へ行くのだった。
そちらの方は聴きに行くよとひと声かければ良かったなと思ったりして。
 
 
  1. 2015/04/27(月) 23:59:39|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<別荘開きと渓流復帰 -2015.04.28~30- | ホーム | 『 圓太郎商店 独演その二十三 』 圓太郎独演会 於 池袋演芸場 / 平成二七年四月二五日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archive

counter

search form