七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 入船亭扇辰欧州公演壮行落語会 』 扇辰・小辰二人会 於 日本橋社会教育会館ホール / 平成二七年五月二六日

金明竹 / 小辰
麻のれん / 扇辰

仲入り

匙加減 / 扇辰


一之輔、兼好、白酒なども敢行した欧州公演。
今年は扇辰が弟子の小辰を連れて行くことになった。

小辰は初の海外とあって不安いっぱい期待少々と云った具合。
扇辰は先が思い遣られるといつもの小言口調。

久々に小辰の「金明竹」を聴いた。
やはり良い。 当代、「金明竹」に関しては小辰が一押しである。

扇辰は海外公演の気負いも感じられず、いつもの調子で二席。
師に関しては焦るとか怖れると云う言葉がおよそ似つかわしくない。
実際の現場ではどうなるや。

凱旋公演も予約済みなので、土産話が今から楽しみである。

この会での好奇の対象は仲入り後の質疑応答。
高座に小さな座布団をふたつ並べて師弟が揃ってお喋り。
珍しい事でなかなか新鮮であった。
小辰は師匠の前(横)でも物怖じせずに受け答え。
扇辰は可愛い弟子との掛け合いを楽しんでいる様子。
お互い別々の時に相手を語る時とは違うほのぼのとした雰囲気。
日常の舞台裏の一面を垣間見た様で面白かった。
高座以外の噺家の様子を知ろうとは思わぬ方だが今回は楽しかった。

お客から集めた質疑の中に、欧州公演とは無関係のものがあった。
小辰のプライベートに関する事であり、主旨から外れていた。
扇辰が敢えてそれを取り上げたのはどう云う意図だったのか。
小辰は渋々答えていたが、少々気の毒に思えた。
客の弁えとしてあまり関心しない一場面であった。

師弟の道中は気まぐれでTwitterにUpされる筈。
フォローして珍道中を傍観させて貰おう。
何にせよ、お気をつけて。
楽しい土産話を沢山持ち帰って欲しいものだ。


  1. 2015/05/27(水) 23:59:49|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<チャッピー -CHAPPIE- 於 丸の内ピカデリー2 | ホーム | 下駄替わり -ARAYA Diagonale->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。