七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

『 旅のコタツ その十四 』 小辰独演会 於 食堂ピッコロ / 平成二七年六月二〇日

代脈 / 小辰

仲入り

井戸の茶碗 / 小辰


先日の親子会に続いて小辰の落語。
世話人であるピッコロのお二人が集めた旅の記録の掲示あり。

一席目の前に旅の報告トーク。
師匠との旅もなかなか楽しかったようで。
初海外で欧州を転々と八ヵ国十日間。
落語を演ったのは四ヵ国だったらしいが陸続きの欧州。
通過した国も含めての勘定とのこと。

「代脈」は実際にむこうで演った演目。
演り終えてどこでどんな反応があったかなどを解説。
日本人との笑いのツボの差など雑感を交えて喋った。

二席目はむこうで演っても通じない噺をと「井戸の茶碗」。
「井戸の茶碗」も通じそうだが、通貨が出て来るとやり辛いらしい。
適当にユーロ換算して字幕を付ければ良い気がするが。
どうやらそう簡単なものでもないらしい。

帰国してから身振り手振り、表情が大きく(豊かに)なった。
そんな指摘を受けたらしい。
言葉の通じないところで話芸をしてきたのだ。
ジェスチュアや顔つきで補う比重が高くなるのも頷ける。

国が違えばものの考え方も変わる。
道中、そんな事も思ったそうだ。
それが一番の収穫だと、師匠には言われたとのこと。
二つ目時代に貴重な体験をした。
今後の彼に良い作用をもたらして欲しいものだ。


  1. 2015/06/21(日) 23:59:16|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<『 雲助蔵出し ぞろぞろ 』 雲助独演会 於 浅草見番 / 平成二七年六月二一日 | ホーム | 『 入船亭扇辰欧州公演凱旋公演 』 扇辰・小辰親子会 於 高円寺ノラやHACO / 平成二七年六月一四日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive

counter

search form