七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 第58回 日曜お昼の★若手箱 』 小辰・やなぎ二人会 於 高円寺HACO / 平成二八年五月二九日

散り際 / やなぎ
野晒し / 小辰

仲入り

普段の袴 / 小辰
心眼 / やなぎ


開演14時の会、開場35分前に到着、整理券4番。
蓋を開ければ客は十二人だった。
もう少し入るかと思ったのだが。

やなぎは前座で さん坊だった頃から気になっていた。
贔屓の小辰と演ると云うので来てみた。
小辰は先日のピッコロをドタキャンしたのでその代わり。

フリートークのあと、やなぎの一席目は意外にも創作落語であった。
この辺が さん喬より喬太郎の弟子っぽいと言われるところか。
そんな事よりも凄い汗っかきだ。滝のようにとはこの事だ。
今まではそれなりの距離で見ていたので気づかなかった。
自分の感覚では客が噺に集中出来ないくらいの大汗である。

小辰は後輩との二人会のせいかリラックスした様子。
独演のピッコロの時より纏っている空気が緩い感じ。
色々な高座で聴いてみる面白味はこの辺にある。

トリは やなぎ、「心眼」をかけた。
あぁ、こうして聴くとやはり さん喬の末弟子なんだなと実感。
でも気になるのはやはり大汗。

はねてから私服に着替えて外で挨拶している小辰と目が合う。
次回のピッコロは行くからと声をかけてその場を辞した。
やなぎが出てくるまで待とうかと思ったが所在ないのでやめた。

前夜、マスターの所で飲んだ時に新しい店の情報を貰っていた。
店のお客で何度か一緒になった若い夫婦が店を出したと言う。
マスターの所からも程近いが今回の会場からは更に至近だった。
路地の角の建物の二階、階段が道路に面しているが雰囲気が掴めない。
情報が少なく一見には入り辛い感じ。とにかく階段を上がる。
入ると店内は古い木造住宅を改装してアジアンに仕上げた雰囲気。
素朴だが小奇麗で居心地の良い空間なのがすぐに察せられた。
店の主はインドネシア人で奥さんが日本人、美男美女のカップルである。
店を出した経緯など聞きながら飲み、旦那の方にナシゴレンを作って貰う。
メニューはインドネシア料理ほか、あまりへヴィなものはないようだ。
また飲み食いだけでなく本やレコード、Tシャツなども買える。
なかなか楽しい空間だ。 これから使わせて貰えそうだ。
帰りがけにウォルドロンとモンクのアルバムを買って店を出た。
 
 
  1. 2016/05/29(日) 23:59:31|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<Flexible Draw Tower Bar by STI | ホーム | 『 雲助蔵出し ぞろぞろ 』 雲助独演会 於 浅草見番 / 平成二八年五月二八日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。