七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

第66回 板院展 於 東京都美術館

この週末は蓼科へ行って今シーズン初入渓の予定だった。
生憎に仕事の都合で遠出が叶わなくなり、近場のイベントへ。

毎年行っている板院展。
潜水仲間のひとりがこの会派の同人になっていて出展している。
去年は一人で行き、当人にも都美を出た広場で擦れ違っただけだった。
今年は年齢の近いおじさん三人で都合をつけて訪れた。
本人も会場に居て、四人で鑑賞する事が出来た。

ダイビングの趣味を生かして友人は毎回海の木版を出展している。
それを観るのが一番の目的だが、数百とある様々な版画を観るのが壮観だ。
何点か気に入って印象に残る作品が出来る。
会場の最後に百点ほどの作品が絵葉書になって販売されている。
お気に入りを探しては数葉買い求めて来るのが恒例となっている。

今回はお気に入りで絵葉書になっているものが少なかった。
友人のものを含めて三葉だけ選んだ。
一番気に入った作品が絵葉書になっていなかったのは残念。


280611


1時間半ほど鑑賞。お役御免の友人も一緒に会場を後にする。
会場内で神田まつやを彫った作品を見てすっかり蕎麦屋の気分に。
上野の藪へ四人で入り、暫し語らいながら酒を楽しんだ。
予定のある友人が早退。
おやじ三人取り残されて(友人は人妻)話題も変わる。
蕎麦屋に三時間程の長尻をして解散となった。
また来年、版画を愛でつつその後に美味い酒が飲めたら良いな。
 
 

  1. 2016/06/11(土) 23:59:08|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0
<<『 梅雨のコタツ ~入船亭小辰の会 その二〇~ 』 於 食堂ピッコロ / 平成二八年六月一八日 | ホーム | 特別展 時代を翔る日本の傑作機たち 於 所沢航空発祥記念館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (60)
演芸など (306)
フォト・キネマ・アートとか (152)
道具のたぐい (37)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archive

counter

search form