七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

『 故 柳家喜多八師を偲んで ~柳家はん治・柳家三三「兄弟弟子の会」~』 於 日本橋劇場 / 平成二八年六月二七日

手紙は笑う / 今いち
お血脈 / 三三
背中で老いてる唐獅子ボタン / はん治

仲入り

宿屋の仇討 / 三三


本来は喜多八と三三の二人会であった。
五月十七日に喜多八が鬼籍に入って、趣旨変えとなった。

自分は偲ぶ会に変わってから申し込んだ。
暫くは喜多八を聴いていなかった。
この会も喜多八・三三の二人会の際には触手は動かなかった。

遡って調べたところ、最後に喜多八を聴いたのは随分前。
平成二六年一二月一六日の独演会であった。
トリ根多は「文七元結」。
その時の記事を読むと喜多八の高座をあまりよく書いていない。
もともと好きな噺家である。
落語は巧い下手ではなく好き嫌いしかないとは、師の言葉。
その判断基準は今の自分の落語観の礎となっている。

そんな喜多八に不満げな事を書いたのが最後の高座だった事が悔やまれる。
その後、鈴本の寄席で聴き逃した。
欠席を知らずに行ってみたら代演で文左衛門が高座に上がった時だ。
それも昨年の六月の事で、結局その後も喜多八を聴く事はなかった。

喜多八は落語を聴きはじめた頃にはとにかく沢山聴いた。
しかしこのところ極端に機会がなかった。
後悔先に立たず。何事もあるのが当たり前と思ってはいけないのだ。

最後の高座は五月九日、亡くなる僅か八日前だったそうだ。
享年六十六。まだまだ若かったが、最後の最後まで落語と共に生きた人だった。
 
 
  1. 2016/06/28(火) 17:16:17|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<『神楽坂落語まつり・神楽坂二人会 昼席』 扇辰・白酒二人会 於 牛込箪笥区民ホール / 平成二八年七月二日 | ホーム | 房総ツーリング 2016/06/26>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (55)
演芸など (300)
フォト・キネマ・アートとか (148)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form