七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 小辰の十三ヶ月(第一回) 』 小辰独演会 於 お江戸日本橋亭 / 平成二九年一月一〇日

道灌 / 小たけ
金明竹 / 小辰
転宅 / 小辰

仲入り

富久 / 小辰


落語を聴くようになって日が浅い。
落語家はその世界に入る前はまず客である事が殆どだ。
小辰も扇辰の門をたたく前は寄席通いをする落研の青年だった。
その頃に通った脇の一つがお江戸日本橋亭だったそうだ。
今の三三あたりの世代が二つ目だった頃の思い出らしい。
冒頭の振りはここ、小辰は落語聴きとしては大分先輩だと言いたかった。

自分が二つ目になって、その思い入れのある小屋で芝居を打ちたいと。
エムズの加藤氏を世話人に立ち上げた企画が、この十三ヶ月と云うことらしい。

この一月から来年の一月まで、根多おろしを前提に毎月興行する。
自称 小辰贔屓としては皆勤のつもりで通うことにした。

まずは空席も見られる初回。
後々盛況になる芝居ほど初回は入らないとは世話人の言葉。
果たしてどうなるか。
いずれにしてもエムズの落語会は良い(自分好み)のものが多い。
この企画も向こう一年、楽しませて貰いたいものだ。
 
 
  1. 2017/01/10(火) 23:59:17|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<水上ツーリング 2017/01/22 | ホーム | 平成二九年 初詣 -富岡八幡宮->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (65)
演芸など (328)
フォト・キネマ・アートとか (166)
道具のたぐい (42)
飲んだり食べたり (5)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。