七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

『 通ごのみ ~扇辰・白酒二人会~ 』 於 日本橋劇場 / 平成二九年三月三〇日

一目上がり / かな文
紫檀楼古木 / 扇辰
花見の仇討 / 白酒

仲入り

親子酒 / 白酒
幾代餅 / 扇辰


扇辰の一席目「紫檀楼古木」は初めて聴く噺と思われ。
(落語リストをもう丸三年もつけていない)
羅宇屋と御新造のやりとりが面白く、軽妙に聴かせる噺だった。
白酒は「花見の仇討」が先日の白酒ひとりと重なってしまった。

この二人会はお互い持っているものが違うので楽しめる。
なるべく都合をつけて通いたい会のひとつである。

やはり潰し合いになるような顔づけは飽きてしまう。
一方が弾けるなら他方はしっとりと聴かせてほしい。
個々に好きな噺家でも組み合わせによっては似たり寄ったりで退屈する。
弾けまくって面白いだろうと行ってみたら単調な芝居だった事もあった。
これが三人会だとひとり一席だし、何となくでも聴けてしまう。

二人会こそが世話人の企画力と客の選択眼が試される芝居ではないだろうか。
 
 
  1. 2017/03/30(木) 23:59:01|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
<<「 キングコング: 髑髏島の巨神 」3D IMAX - Kong: Skull Island - 於 ユナイテッド・シネマとしまえん | ホーム | 『第54回 白酒ひとり』 白酒独演会 於 国立演芸場 / 平成二九年三月九日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (65)
演芸など (328)
フォト・キネマ・アートとか (166)
道具のたぐい (42)
飲んだり食べたり (5)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

archive

counter

search form