七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

『 メカニック 』 -THE MECHANIC-  於 新宿バルト9 シアター7


時たまに内容はどうでもいいからドンパチが派手なアクション映画を観たくなる。
そしてその手の映画は、言い方は悪いが掃いて捨てるほどある。何かしら拠り所がないと選ぶのにも迷うほどだ。

ジェイソン・ステイサムは 『トランスポーター』 シリーズ以降、自分にとってのそんな拠り所になっている。
彫りが深く表情の乏しい顔、短く刈った髪はほぼスキンヘッド、脱ぐと筋肉質だが着痩せする所謂ほそマッチョ。
動きがシャープで、あまり演技が込んでいない・・・いや出来ないのだろう。 それでいいのだ。


meca
[c]Scared Productions, Inc. 2010


記事を書くにあたって初めて知ったのだが、この作品は1972年に製作されたチャールズ・ブロンソン主演の同名作。
筋書きが素直で特に捻りもなく、ラストも思った通りのお約束で奇を衒うことのないまさに王道。
40年前のリメイクならそれも納得である。 当時はこれでどんでん返しだったのだろう。
人間が擦れて来ると楽しみ方にも自制や工夫が必要と云うことか。 やりづらいな。

内容には関係ないが、ステイサム演じる主人公の家が湖沼の奥にヒッソリと建つモダンな木造建築でカッコ良かった。
あんな家、欲しいなぁ~。

上映前の予告編の中で、10月に掛かるまたしてもステイサム主演の刑事ものがあった。 これも観に行こう。
 
 
  1. 2011/08/26(金) 12:56:13|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0
<<信州釣行 始まりは殊の外しずかに -NAGANO expedition Aug. '11 #1- | ホーム | 『 カーズ2 』 -CARS 2-  於 新宿ピカデリー スクリーン4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

archive

counter

search form