七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

ボクらは ちょうどいい 大きさ -SOTO ST-480-

人間は火を扱う稀有な動物。
リスのように小さいと安定した火力を保てる大きさの薪を扱えない。
ゾウのように大きいと焚き火の大きさも尋常ではなく、森の中では火を熾せない。
人間は火を扱うには丁度良い大きさであったと云う説。

野外で火を熾す。 ちょっと儀式めいていて心昂る(自分はね)。
火は寒さと闇夜にあって頼もしい。 安らぎを与えてくれる。

着火手段にも色々あるが、普通はライター、トーチが多く使われているだろう。
しかし下向きに着火する際は少々手を焼く。 文字通り手を焼いてしまった経験もおありではなかろうか。
火口は手指から遠い方が安全で楽ちんである。 所謂、チャッカマンタイプ。

ガス充填式で良いものがなかなか見つからなかった。
火力が安定していて嵩張らず扱い易い。 火口が使う時だけ伸ばせればいいのにと。

そして見つけたのが SOTO の スライドトーチ ST-480。


ST-480

スライドパイプがどの位置にあっても点火可能


まさに注文どおり。 ガスは CB缶・OD缶いずれからも充填可能。但し、OD缶は要アダプター。
ガス残量確認窓もある。 これも結構大事な部分。
そしてきちんと 「MADE IN JAPAN」 の刻印。 これも大事な部分。

高地では着火しない場合があると注意書き。 ネットでも標高2000mでは使えなかったとの情報も。
ハイパワーガスを入れても無理なのか・・・その辺は取説にも詳しくないので自重しよう。
新富士バーナーに問い合わせたら回答を貰えるだろうか。

連休はこれで火遊びでもするか。
 
 
  1. 2011/10/07(金) 13:04:48|
  2. 道具のたぐい
  3. | コメント:0
<<市馬・喬太郎 ふたりのビックショー 於 練馬文化センター 小ホール / 平成二三年一〇月一一日 | ホーム | 『 世界侵略:ロサンゼルス決戦 』 -Battle: Los Angeles-  於 ユナイテッドシネマとしまえん スクリーン1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive

counter

search form