七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先での徒然を。

『 第58回 日曜お昼の★若手箱 』 小辰・やなぎ二人会 於 高円寺HACO / 平成二八年五月二九日

散り際 / やなぎ
野晒し / 小辰

仲入り

普段の袴 / 小辰
心眼 / やなぎ


開演14時の会、開場35分前に到着、整理券4番。
蓋を開ければ客は十二人だった。
もう少し入るかと思ったのだが。

やなぎは前座で さん坊だった頃から気になっていた。
贔屓の小辰と演ると云うので来てみた。
小辰は先日のピッコロをドタキャンしたのでその代わり。

フリートークのあと、やなぎの一席目は意外にも創作落語であった。
この辺が さん喬より喬太郎の弟子っぽいと言われるところか。
そんな事よりも凄い汗っかきだ。滝のようにとはこの事だ。
今まではそれなりの距離で見ていたので気づかなかった。
自分の感覚では客が噺に集中出来ないくらいの大汗である。

小辰は後輩との二人会のせいかリラックスした様子。
独演のピッコロの時より纏っている空気が緩い感じ。
色々な高座で聴いてみる面白味はこの辺にある。

トリは やなぎ、「心眼」をかけた。
あぁ、こうして聴くとやはり さん喬の末弟子なんだなと実感。
でも気になるのはやはり大汗。

はねてから私服に着替えて外で挨拶している小辰と目が合う。
次回のピッコロは行くからと声をかけてその場を辞した。
やなぎが出てくるまで待とうかと思ったが所在ないのでやめた。

前夜、マスターの所で飲んだ時に新しい店の情報を貰っていた。
店のお客で何度か一緒になった若い夫婦が店を出したと言う。
マスターの所からも程近いが今回の会場からは更に至近だった。
路地の角の建物の二階、階段が道路に面しているが雰囲気が掴めない。
情報が少なく一見には入り辛い感じ。とにかく階段を上がる。
入ると店内は古い木造住宅を改装してアジアンに仕上げた雰囲気。
素朴だが小奇麗で居心地の良い空間なのがすぐに察せられた。
店の主はインドネシア人で奥さんが日本人、美男美女のカップルである。
店を出した経緯など聞きながら飲み、旦那の方にナシゴレンを作って貰う。
メニューはインドネシア料理ほか、あまりへヴィなものはないようだ。
また飲み食いだけでなく本やレコード、Tシャツなども買える。
なかなか楽しい空間だ。 これから使わせて貰えそうだ。
帰りがけにウォルドロンとモンクのアルバムを買って店を出た。
 
 
  1. 2016/05/29(日) 23:59:31|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 雲助蔵出し ぞろぞろ 』 雲助独演会 於 浅草見番 / 平成二八年五月二八日

道灌 / 小多け
元犬 / 志ん松
品川心中 / 雲助

仲入り

宮戸川 通し / 雲助


朝飯前に少し仕事をと思ってPCに向かった。
が、そのまま出かける直前まで手が切れなくなってしまった。
口に入れたのはトマトジュース1本。空腹のまま浅草へ。
念のため駅近くのコンビニでゼリードリンクを買っておく。
前座と二つ目は諦めて見番斜向かいの弁天で蕎麦を手繰って行こうか。
そんな事を思案しながら浅草寺境内を抜ける。
悩むまでもなく弁天は外で客が並ぶほど混んでいた。
これでは雲助の一席目まで聴き損ねかねない。
諦めてそのまま会場入り、結局開口一番にも間に合った。
ゼリードリンクを買っておいて良かった。

久々の落語、約二カ月振りだ。
二席目の宮戸川が特に良かった。
終盤はお得意の芝居仕立て、鳴り物とツケ打ちで演出して夢から覚めた。

空腹で力が入らなかったが落語は堪能した。
次回のテケツを仲入りで買った。10月1日。

湯島で女将の所へ少し寄り道、空の胃の腑にビールが沁みる。
小一時間で出ると天神様の例大祭で御輿が大通りを練っていた。

そこから高円寺へ。こちらも久々にマスターの店へ。
多忙中は飲みに出るのも人から誘われた時ぐらい。
高円寺方面はお呼びがかからなかったこともあってご無沙汰。
数か月ぶりに潜水の先輩にも店で再会。
手作りの蕗の薹味噌などなめながら飲む。
やはり最初の空きっ腹ビールがかなり効いていた。
あまり飲めずに酔いから体が重くなり、早々に辞して帰宅。
次回は一軒目にしてゆっくり飲もう。
 
 
  1. 2016/05/28(土) 23:59:21|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 深川噺し問屋その5 』 兼好独演会 於 深川江戸資料館 / 平成二八年三月二二日

十徳 / けん玉
しの字嫌い / 兼好

仲入り

マジック / 夢葉
花見の仇討ち / 兼好
 
 
キャンセル続きだった兼好に二連続で行く事が出来た。
(実際にこれを書いているのは5/24)
仕事の合間を縫って行ったせいか記憶が薄い。
けん玉が少しずつだか聴ける高座を演るようになって来たなと思ったこと。
夢葉の鞭はいつも耳がキーンとなって嫌だと思ったことふたつは憶えている。
そろそろ桜の時季に「花見の仇討ち」を聴いて、今年の花見噺はこれきりかもと。
後はあまり憶えていない。

金遣いが上手でない事もあって小遣帳と云うか家計簿と云うか、出納帳をつけている。
当日の記録を見ると、はねてから地元のラーメンチェーン店へ寄っている。
餃子でビールを干してラーメンを啜って帰った記憶が薄らと残っている。
ちゃんとした飲み屋には寄らず帰宅したのだ。
まだまだ仕事が頭の大半を占めて、それが充足感には至っていなかった時期だ。

先に書いてしまうとこれ以降、落語を聴いていない。(5/24 現在)
次は5/28に雲助の会がある。5/29も若手で連荘の予定。
また月に二三回は落語を楽しむ生活に戻りたいものだ。
 
 
  1. 2016/03/22(火) 23:59:48|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 雲助蔵出し ぞろぞろ 』 雲助独演会 於 浅草見番 / 平成二八年二月二七日

子褒め / 小多け
長短 / 志ん松
五人廻し / 雲助

仲入り

寝床 / 雲助


昨年十月の会はテケツを持っていたのにすっかり忘れて不意にした。
通っている会の中でも一番楽しみにしているだけに残念であった。
久々に雲助を堪能。
見番斜向かいの蕎麦屋・弁天のかき南そばにもありつけた。

次回は昼に雲助が演って、夕刻から小満んが演る番組。
取り敢えず雲助のテケツだけ確保。
当日に時間があって席も残っていたら居残りも考えてみよう。
 
 
  1. 2016/02/27(土) 23:59:24|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

『 深川噺し問屋その4 』 兼好独演会 於 深川江戸資料館 / 平成二八年二月二六日

権助魚 / けん玉
紋三郎稲荷 / 兼好

仲入り

アクロバット / サブリミット
藪入り / 兼好
 
 
四回連続でキャンセルした兼好へ久々に来られた。
落語前のあいさつがスタンドアップでの時事ネタ雑感でとても面白い。
仕事が終わらずそこに間に合わず残念。
それでも久々の兼好に満足の一夜であった。

しかし・・・
太神楽でドキドキするのにアクロバットとか落語の合間にホントやめてほしい。
すごいとは思うが、曲芸は苦手である。
 
 
  1. 2016/02/26(金) 23:59:14|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (55)
演芸など (300)
フォト・キネマ・アートとか (148)
道具のたぐい (36)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive

counter

search form