七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

『 冬 』 三三独演会 於 練馬文化センター 小ホール / 平成二八年一月三〇日

やかん泥 / 小はぜ
富久 / 三三

仲入り

堀部安兵衛 / 三三


この芝居の会場はいつも近所のなかのZEROホールだったのだが。
今回初めてネリブンになった。
古くて安普請な中野の施設に三三の愛想が尽きたかと思った。
ならば区民としては残念なことだが実際は違うようだ。
ZEROホールは年度末工期で大規模改修工事中なのだった。
それが明ければまた中野に戻ってくるだろう。来てほしい。

練馬もアクセスは悪くない。
家から大江戸線で一本だし、駅からの距離はZEROのそれより近い。
それでもあの練馬より見劣りする中野の施設の方が落語の小屋には相応しく思えるのだ。
芝居がはねてからの帰り道、総武線各駅停車の車庫脇をぶらぶらと駅まで歩く。
あの感じも余韻に浸るにはちょうど良い距離と暗さである。
いろんな意味で、ZEROホールは落語向きの函だと自分は思うのだ。
 
 
  1. 2017/01/30(月) 23:59:35|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

葉山ツーリング 2017/01/29

日帰りドライブに出たくてTVで見た蕎麦屋へ行ってみた。
ミーハーな話である。


手打ちそば・和か菜。
三浦半島の内陸部にある棚田を臨む店。
と云っても見上げる位置関係、休田時季でもあり今一つ。
棚田は見下ろして楽しい借景だ。
人気店らしく大きな駐車場もほぼ満車状態。
店先で記名して少し待たされた。

大勢で囲める大きなテーブルに通された。
鴨せいろを頼む。
蕎麦は極細、細い御前蕎麦が好みだがそれにしても細い。
もう少し冷水で〆てくれるとのど越しも切れるのだが。
伸びてはいないが少々柔くボヤっとした食感。(個人の感想)
とは云え基本的に蕎麦には目がないので美味しく頂いた。
店内で料理写真は撮らないので、蕎麦の写真は悪しからず。


290129.jpg


ついでがあればまた寄りたいが、わざわざ目的にはしないか。
往復の通行料もそれなりにかかる。

往きは湾岸、帰りは横羽。行程、約80km。
学生時代の懐かしいルートを楽しくドライブした休日であった。
 
 
  1. 2017/01/29(日) 23:59:51|
  2. 旅や野遊び
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (63)
演芸など (315)
フォト・キネマ・アートとか (157)
道具のたぐい (39)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

archive

counter

search form