七人の敵

男、閾を跨げば七人の敵と数多なる素晴らしきものごとあり。 都会から山河海島まで、外出先でのよしなしごとを。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『 小辰の十三ヶ月(第三回) 』 小辰独演会 於 お江戸日本橋亭 / 平成二九年三月三日

たけのこ / 小辰
不動坊 / 小辰

仲入り

御神酒徳利 / 小辰


ひと月振りの落語、前回の小辰以来だ。
忙しくて落語日照りだった。
そもそも暇つぶしの落語なのだからそれで良いのだが。

「たけのこ」と云えば亡き喜多八の高座を思い出す。
喜多八は好んで聴いた噺家の中で初めて鬼籍に入ったせいか事ある毎に思い出す。

この日の小辰は本調子ではなかったか。
この会は根多おろしでナーバスにもなっていよう。
途中、携帯がなったりで芝居の雰囲気も味方してくれない。
それでも三席演りとげた。
こうした修練の積み重ねなのだろう。
芸の道はこれだから面白い(観る側にとっては)。

はねてピッコロへ。
以前、扇辰や小辰の会でお会いする人に高円寺演芸まつりの手拭を頼まれていた。
現物はピッコロのママさん経由でお渡し済みだったが、お代を受け取っていなかった。
直接お渡し出来なかった為、お代もピッコロに託されていた。
その後ご本人には何度もお会いしているのに、ピッコロへ行けずにいた。
お代だけが宙に浮いたかたちでお互い気まずかった。
これでスッキリ。ピッコロのママさんにも要らぬお気遣いをさせてしまった。
いつもどおり馬刺しでワインを飲んで帰宅。
 
 
  1. 2017/03/03(金) 23:59:20|
  2. 演芸など
  3. | コメント:0

「 マン・ダウン 戦士の約束 」 - Man Down - 於 新宿武蔵野館

邦題と云うのは何で余計な副題を付けるのだろう。
まぁそれはそれとして。

アフガン帰還米兵とその家族に関する気の毒な話。
色々書いてしまうとネタバレになってしまうので控えよう。

戦場と云う異常な環境は人の心身に少なからぬ影響を与える。
戦争映画はよく観るジャンルだが、やはり実際にはまっぴら御免である。
この世から絶えるとはどう考えても思えないが。
自分の身の回りに降りかかって来ないことを願うばかりだ。
それがどんなにエゴであろうと、厭戦を表明して憚らない。
戦争には反対である。
 
 
  1. 2017/02/25(土) 23:59:24|
  2. フォト・キネマ・アートとか
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

profile

 良速

Author: 良速
  
 
- りょうそく - と申します。
 
九山八海  花鳥風月
東奔西走  南船北馬
美酒嘉肴  羽化登仙
歌舞歓楽  一竿風月
謹厚慎重  天空海闊

そんな感じでまいります。

.......................

category

旅や野遊び (64)
演芸など (318)
フォト・キネマ・アートとか (160)
道具のたぐい (40)
飲んだり食べたり (4)
徒然なるままに (12)
序 (4)
未分類 (1)

comment

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

archive

counter

search form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。